わたしは超絶テクニカル系のギタリストが好き。

ギターを弾きはじめた頃から超絶系のフレーズを練習してる。いわゆる速弾きというやつ。

結果にばかりフォーカスすると上手になれない

超絶系というだけあってフレーズがむずかしい。運指自体が複雑だったりするから動きを覚えることさえ苦労する。そこからスムーズに弾けるようになるのはさらにむずかしい。

10代の頃から速弾きを練習してるのに満足に弾けるようにならない。下手のよこ好き状態だ。

人前では「なんちゃって速弾き」でごまかしてた。ごまかして弾いても素人には弾けてるように聴こえたようだ。

ギターを弾いてない人からは「上手い」だのと言ってほめられたこともある。でも自分自身はごまかせない。弾けてないとわかってる。

あきらかに、わたしが理想としてる超絶系ギタリストと同じような音では弾けてない、のだ。

速弾きは「自分が限界に感じる高速テンポ」で練習しても上達しない



無限に上手くなっていくのが本来の課題

「なんちゃって速弾き」でごまかせるとわかってから「ごまかしのプロ」になった。「技術を習得する時間」と「実際の演奏技術」が追いつかなかった。

『勝負論』という本ではこう書いてある。

大切なのは「どうすればいち早く結果を得られるのか?」という発想をなるべくしないことだ。それは一見早そうでいて、実は帰って効率も要領も悪くなるという結果を招く。

わたしに速弾きは無理なのか、と悩んだ。ギターの才能がない、と思い完全に音楽をやめたこともある。何度もある。

本当の課題は、どうすれば上手に定石をクリアできるかではなく、どうすれば無限に上手になれるかのはずだ。

「なんちゃって速弾き」で自分の演奏をごまかすようなクセがつくと、無限に上手になることはできない。ごまかしても本物にはなれない。

一度きちんと立ち止まって自分の演奏を分析する時間が必要だ。

どうしたらできるのか、をとことん考える。どこがダメなのか、何が足りないのか、どんな練習が効果的かを。

具体的な目標がないからやりたいことをやっていても途中で迷いがでる

無意識にできるようになればクリア

1年前からギターを再開してる。「10年以上もギター歴があるのに今更、人に教わるのかよ〜」と思いつつギターレッスンにも通いだした。

先生は速弾きをとうの昔にマスターしてる人。もちろん、どうしたら超絶系フレーズが弾けるのかもわかってる。

おかげで、わたし自身も「なぜ弾けないのか、どうすれば弾けるようになるのか」がわかってきた。

むずかしいフレーズが弾けない原因は、指を押さえるポジションだとかフレーズの動きをいちいち頭の中で考えながら弾いてるせいだ。

意識して弾いてるうちには「弾ける」とは言えない。弾いてるけど弾けてない。

寝ぼけながらでも、テレビを観ながらでも、涼しい顔してスラスラと弾けるレベルに持っていかないと「弾ける」とは言えない。

「意識しなくても指が勝手にすいすい動く」という状態になってようやく「弾ける」と言っていい。

ライブになるとうまく弾けないって人は、フレーズを無意識レベルまで落とし込んでないんだろう。いつもと違う環境下では、実力が7割くらいしか出せないという説もあるけどね。

脱力、大事!うまく楽器を弾けないのは体のどこかに余計な力が入っているからだ

分解と反復をくりかえす

どうすれば無意識レベルで弾けるようになるのか。

各パーツを反復して練習する。最初はできないことを嫌でも意識させられるが、やがてできるようになり、最後は意識をしなくなる。そこで、次のパーツの反復練習に移る。

わたしは分解練習だけは結構してきた。でも反復練習の量がぜんぜん足りてなかった。結果を早く求めるあまり反復練習を徹底的にやってないのだ。

反復練習、大事!楽器をうまく弾きたいなら脳を刺激してニューロンとシナプスを強化しよう

反復練習は地味で孤独だ。「これを続ければ必ず弾けるようになる」という信念がないと挫折するだろう。

挑戦してることがむずかしいほど反復練習にも時間がかかる。根気がいる作業だ。

できるまではなんども同じ練習をくりかえすことになる。だから「どうすればいち早く結果を得られるのか?」という発想をなくすことが大事だ。

地味で孤独な基礎練習をつづけるコツは、モチベーションや感情を切り捨てること

基礎練習は「なぜ?」を考えながらやる

分解と反復のくりかえし作業は、地味な「基礎練習」を積み上げることになる。

疑問を持ちながら極めて地味な作業を繰り返すことだ。この段階では、まだ個性は出しようがない。なぜこの基礎は大切なのか、なぜこうなっているのかを考えながら習得していくプロセスになる。

基礎練習でつまづいてしまう人は結構いるかもしれない。とくに楽器初心者は、基礎練習のあまりのつまらなさに楽器自体をやめるだろう。

その道のプロを目指さないかぎり、楽器初心者は基礎練習をすっ飛ばしていい、と思ってる。そんなことより「楽器を弾くのを楽しむ」ほうが大切だ。

初心者が楽しく楽器を続けるために必要なことはたったひとつだ!

ただ、きちんとした基礎を身につけてないと、変な癖がついたり上達への遠回りをしてしまうという覚悟は必要。

基礎固めの段階で自分が不向きなのは、実は自分に無限大の価値が秘められているヒントかもしれない、と思ってほしい。

だから、「好き」というエンジンを全開にして、怖がらず、人目を気にせず壁に当たって欲しい。

【ギター】基礎練習の効果は長い期間を経てやっとわかる場合が多い

最初から最適解なんて求めなくていい。悩んで壁にぶつかって自分でひとつずつ答えをだしていく。その過程で得たものは大きな財産になる。

では、ごきげんよう!



【関連記事】

ものごとの習得に近道はない。地道な努力と継続こそが成功へつながる
精神的に辛くなるほど悩んでしまったとき、まったく楽器を触らなくてもスランプを抜けだせたりする
地味で孤独な基礎練習をつづけるコツは、モチベーションや感情を切り捨てること
【楽器の練習】気分が乗らなくて面倒くさいときは「ながら練習」がオススメ
楽器練習でタイムプレッシャーをかけると集中力があがるのでどんどん上達していく
楽器を上手く弾きたいなら、練習時間の3倍くらい音楽を聴け!
耳コピは誰にでもできる。耳コピ初心者は完璧に口ずさめる曲を弾くこと
毎日8時間ギターを弾くために食べることをやめてみようと思う
音楽理論をモノにして一流ミュージシャンに俺はなる!役立つ教則本と音楽理論書を紹介

広告