ヴァイオリン歴3年に満たないわたしが役に立った独学練習方法を記録してます。

独学といっても、ヴァイオリンをはじめた当初はクラシック・ヴァイオリンの先生から基礎を教わってます。

関連記事:独学でのヴァイオリン演奏に役立つ基礎練習の方法

ボーイングと左手の運指を分けて練習しよう

ヴァイオリンのむずかしさは、なんといっても弓を使うこと。これに尽きる気がする。

初心者がボーイングと運指を同時に練習するのはハードルが高い作業です。運指練習とボーイング練習は分けましょう。

まずは左手の運指だけを練習するのをオススメします。

わたしは右利きなので右利きという前提で話します。左利き用のヴァイオリンもあるけど稀らしいです。また、左利き用のヴァイオリン入手は困難な場合もあります。

クラシックを弾きたい人は右利きになれたほうがいいかも。オーケストラの見た目的にもよろしいかと。

関連記事:ヴァイオリンはクラシックだけの楽器だけじゃない。フィドルをはじめたら俄然ヴァイオリンが面白くなったよ

ピッツィカートだけで左手の指の位置を覚えよう

左手の指で弦を弾くピッツィカートという奏法があります。ピッツィカート奏法の良いところは弓でだすより音が小さいこと。閑静な住宅街でもまわりを気にせず小音で練習できます。

わたしが参考にした動画。

ボーイングもむずかしいですが、指板に指をおく位置を覚えるのもこれまた大変な作業です。指をおく位置が間違ってると調子っぱずれな音楽になってしまいます。

初心者は「ボーイングも下手、指を置く位置もおかしい」となってしまうわけですね。

結果、キイキイ、ギイギイと鳴るだけのただの雑音になるのです。ヴァイオリン初心者が挫折する理由のほとんどは「綺麗な音がなかなかだせないこと」でしょう。

指の位置がなんとなくわかれば、それなりに音楽に聴こえてくるので楽しいですよ。ピッツィカートだけなら簡単な曲もわりとすぐに弾けるようになります。

関連記事:ヴァイオリンを弾くときに弓が震えたり跳ねたりするのは「脱力」や「弓の持ち方」以外の原因が2つある

指をおく位置を覚えることだけに集中しよう

ピッツィカート奏法自体はそんなにむずかしくありません。はじくと音がでるので「良い音をだすぞ!」と神経質にならなくてOK。

とにかく左の指をおく位置だけに集中してください。指をおく位置を覚えること。他のことは考えてはいけません。

ひとつのことに集中すれば高いパフォーマンスを発揮できます。一点集中型の練習はものごとの習得においてとても大切です。

なかなか覚えられない人は、指板用シールは貼るのもアリです。ネットでも買えます。ヴァイオリンの指板用シール

ボーイング練習は開放弦だけでやってみよう

つぎにボーイング練習です。

このときも右手の動きだけに集中したいので左手は一切使いません。指を押さえず開放弦だけで練習します。

開放弦をつかった練習は、左手を意識しなくていいのでボーイングだけに集中できます。

G弦、D弦、A弦、E弦のすべての弦を使ってボーイングの感覚を体になじませましょう。

弦の太さが変わると右手にかける圧力も変える必要があります。E弦のような細い弦を弾いてる圧力でG弦のような太い弦を弾くと、音がカスってしまします。

力任せに弾くのはもってのほかですが、圧力は意識して変える必要があります。ここらへんは文字だけでの説明はむずかしいですね。

わたしもボーイングの習得には試行錯誤してます。じつはボーイングだけでかなり内容の濃い記事が書けてしまうな、と感じるほど奥が深いです。

できれば、基礎だけでも先生について習ったほうが良いです。

もっと詳しい記事はこちら:脱力、大事!うまく楽器を弾けないのは体のどこかに余計な力が入っているからだ

まとめ:ボーイングと運指の練習を分けるポイント

  • ヴァイオリン初心者はボーイングと運指を同時に練習しないこと。
  • 左手:ピッツィカートで左手の指の位置を覚えること。
  • 右手:ボーイングは開放弦だけで練習すること。
  • 一点集中型の練習では高いパフォーマンスを発揮できる。

では、ごきげんよう!



【関連記事】

反復練習、大事!楽器をうまく弾きたいなら脳を刺激してニューロンとシナプスを強化しよう
楽器で「弾ける」と言える基準値は「意識しなくても指が勝手にすいすい動く」こと
地味で孤独な基礎練習をつづけるコツは、モチベーションや感情を切り捨てること
ヴァイオリンで3つ以上の音楽ジャンルを弾いているわたしの練習方法
楽器練習でタイムプレッシャーをかけると集中力があがるのでどんどん上達していく
ヴァイオリンがまったく弾けない初心者でも「1万円くらいの激安セット」を買って妥協するのはやめよう
「初心者でも弾けるヴァイオリンの有名な曲はある?」あるにはあるが条件つきだ!
ものごとの習得に近道はない。地道な努力と継続こそが成功へつながる
今年のクリスマスには、デイヴィッド・ギャレットばりの華麗なヴァイオリン演奏を披露したい
アイリッシュ・フィドルのリールを習得するため『Drowsy Maggie』10曲を聴き比べてみた

広告